税理士・公認会計士様へ | 経理事務、記帳代行は京都のセカンドオフィスへ

tel:075-821-0919

経理事務、記帳代行は京都のセカンドオフィスへ

経理事務代行・会計処理代行・給与計算処理・確定申告準備はおまかせください


ミニブログ
法人企業/個人事業者様へ
税理士/公認会計士様へ

Second Office 小池 美和子
経理事務・記帳代行 アクセス
経理事務・記帳代行 アクセス

>>阪急京都線烏丸駅
地下鉄烏丸線四条駅から
徒歩3分

>>地下鉄東西線 烏丸駅
烏丸御池通から徒歩7分

>>JR京都駅より
地下鉄四条で約5分

>>京都・滋賀・大阪・兵庫
など関西を中心にご利用を
いただいています。

<<地図はこちらから>>

記帳・

眼に見えないものは怖い

自分の眼で確かめられないものって怖いです。勝手に想像が膨らむからでしょうね。
夏場に人気のお化け屋敷も真っ暗で怖い。心霊スポットも見えないはずのものが恐い。
「箱の中身は何だろなゲーム」も勝手に想像して自分で恐怖を増幅させる。

試算表をお客様に見て頂くと想像していた数字と近いと納得されますが違っていると
なんで?となります。試算表の数字にははっきりとした裏づけがありますので原因は
目に見えてきます。確認できても恐怖が残るときは要注意です。
試算表に涼を求めている場合ではありません。

梅雨時期の京都は美しい

祇園祭を前に、京都は観光客で大賑わいです。海外の方から道を聞かれる事が
本当に多いです。京都で働いている私でも初めて聞く様な場所を訊いてこられます。
もしかしたら海外観光客の方が一番の穴場をご存知なのかもしれません。

今は梅雨シーズンですが京都は今だからこそ美しい場所がたくさんあります。
苔生すお庭や、石畳が雨に濡れている景色や、紫陽花・桔梗などの開花に
合わせて特別拝観しているお寺もあります。
祇園祭の前の静かな雨に打たれる京都を是非楽しみたい貴重な季節です。

ネット検索のセンス

解らない事はネットで調べれば大抵は解決する世の中。
満足いく結果へ行き着く道のりの長い短いは検索センスにかかってきます。

セカンドオフィスのホームページを検索して来て下さる方の検索ワードは
非常に興味深くて、「記帳代行」をチョイスされる一般の方はまだ僅か。
多いのは「経理事務 外部委託」「経理 外注」でしょうか。
「経理 早い 安い」って飲食店か?と突っ込みそうになるものも。
(個人的にはこういうの 大好きですが)

こちらが意図しているワードを利用者の閃くワードに近付ける様
これからも頑張ります。たどり着いて来られる事をお待ちしています。
お会いできたら、それはもう夢のようです。

便利すぎて忘れそうになってしまう事

家の固定電話が最短の連絡ツールだった頃、時間や相手の事を考えてかけていた
ものですが、メールやラインではそういった事もあまりなく自由で便利です。
電話なら相手の会話に無言では済まないですが、メールなら放って置いたところで
大きな問題にはならないのも不思議。
最近宅配便の時間指定で一部指定できない時間帯が加わりました。お昼の休憩等に
必要な時間帯です。言われてみれば当たり前の事で、「お昼時にすみません」の
一言が忘れられ、ワンクリックで簡単にお願いしてしまっていたのですから。
便利に慣れてしまって、良い習慣を忘れてしまわない様にできればいいのですが。

新月 5月26日

今日5月26日は太陽と月が同じ方向にあって、月が見えない「新月」。
満月の逆。これから月が満ちていくスタート地点にある日。ということで
願い事をすれば叶う確立高いそうですよ。ホントかなぁ〜?
と、心底信じられない私はきっと願いも叶わないでしょう。
サマセット・モームの「月と六ペンス」をこの週末に読み返そうかと思ったところで
偶然月で繋がったことに驚きます。
これは何かあるぞ・・。

デュエット トリオ カルテット

クインテット セクステット セプテット オクテット ノネット デクテット と続くらしい
これは置いといて。

有り体に言って「カルテット ロス」というのでしょうか。
テレビドラマ「カルテット」珍しく全話視聴。
グレーな話、大人の寓話、愉しませてもらいました。

ムスカリ 春の薫り

小さなガラス瓶を窓辺に並べて、ムスカリを水栽培しています。
パフスリーブの様な小さな花がコロコロと暖かい陽射しを受けて満開です。
薄紫と白い花を付けて春を静かに待っている様な姿が可愛らしい。
名前の由来でもあるムスクの香りも立ち、自然な香りが心地良いです。

年度末は何かと忙しなく過ぎていきますが、花に季節の変化を知らされます。
みなさまの新年度スタートも、どうぞ気持ちよく迎えられますように。

変化しても守りたいもの

セカンドオフィスも14年目となりますが現在のお客様の多くは、ほぼ同年数お付合いを
させて頂いていることになります。大変ありがたいことです。
お客様の中には、ご高齢で廃業される方、ご病気で休業される方、親の介護の為事業の
形態を変えられる方もいらっしゃいます。
映画「かもめ食堂」のサチエさんの「ずっと同じではいられないものですよね・・」という
セリフがありましたが本当にそうだなぁと最近特に感じます。
様々な変化にも優しい事務所でありたいですし、対応できる心強い場所となれる様に
頑張ろうという気持ちだけは、そこだけは変えずに持ち続けられますように。

日本を旅する小さなサンタ

街ではクリスマスに向けての可愛い雑貨達が溢れ癒してくれる今日この頃。
日本を旅する小さなサンタのグリーティングカードをご存知ですか。

グリーティングライフが発行しているミニサンタシリーズ。ブックマークして眺めています(買わんのかい)。
日本全国に小さなサンタ達が集団で旅する様子が可愛くてユーモラスでほっこりします。
プレゼントを配るついでに観光しているんかしら。
京都は清水寺、金閣寺、伏見稲荷など数も多いのですが小さなサンタ達の楽しげな声が
聞こえてくる様で思わずジィ〜ッと見入ってしまいます。

ノーベル文学賞 Bob Dylan

ボブ・ディランは随分以前から知っていましたし大好きでしたが
「blowin' in the wind」の和訳を真剣に調べたのはある小説を読んだ時でした。

伊坂幸太郎氏の「アヒルと鴨のコインロッカー」の話の中で重要なキーワードとなるのですが
その歌詞が、“答えの見つからない壮大な疑問をいくつも問いかけて結局答えは
どこからも誰からも得られず、ただ風の中で吹かれているだけ・・”という
なんてカッコイイ歌詞なんだろうと感じたことを覚えています。

ちょっと孤独なシュールなイメージを勝手に持っていたので、ノーベル文学賞の受賞とは
個人的には意外でした。