税理士・公認会計士様へ | 経理事務、記帳代行は京都のセカンドオフィスへ

tel:075-821-0919

経理事務、記帳代行は京都のセカンドオフィスへ

経理事務代行・会計処理代行・給与計算処理・確定申告準備はおまかせください


ミニブログ
法人企業/個人事業者様へ
税理士/公認会計士様へ

Second Office 小池 美和子
経理事務・記帳代行 アクセス
経理事務・記帳代行 アクセス

>>阪急京都線烏丸駅
地下鉄烏丸線四条駅から
徒歩3分

>>地下鉄東西線 烏丸駅
烏丸御池通から徒歩7分

>>JR京都駅より
地下鉄四条で約5分

>>京都・滋賀・大阪・兵庫
など関西を中心にご利用を
いただいています。

<<地図はこちらから>>

記帳・

夏季休暇

お盆の営業についてのご案内です。

8月11日(金・祝)〜8月15日(火) 営業を休みます。
ウェヴサイトからのお問い合わせについては受付けておりますが
お返事が遅れる場合がありますことをご了解ください。

涼風献上

梅雨明けと同時に酷暑が続いていますが皆様お変わりございませんか。

京都では祇園祭の前祭が終わり、24日に向けて後祭の準備まっただ中です。
まだまだ夏はこれからですが、どうぞお身体いたわりつつ楽しんでください。
セカンドオフィスも日頃のご愛顧にお応えしてまいりたいと思いますので
今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

7月24日〜8月7日 メンテナンス

上記期間中、ウェヴサイトから頂きましたお問い合わせに対して
お返事が大変遅れる事があります。

暑い中、ご不便をおかけして申し訳ありませんがご了解いただけます様
よろしくおねがいします。

6月の経理事務

関西でも来週には梅雨入りするかも・・とニュースで。
6月の経理部は何かと忙しい時期に入ります。
算定基礎届、労働保険申告、源泉所得税(納期特例分)集計など上席に押印を
貰わないといけない事務処理も続きます。
また、人の移動も意外と多くその都度手続きに悩まされる経理ご担当者さま
雨にもマケズがんばりましょう。
紫陽花の花が咲き始めているので、足元で静かに癒してくれます。

郵便はがき 料金変更

郵便はがきや切手の消費税は、購入時は非課税で使用した時に課税となります。
郵便局発行のレシートには非課税で表示されています。
実務上は簡便に買った時に課税処理して問題ないそうですが。
決算で在庫計上の際は使用前なので消費税を修正します。

来月6月1日から郵便はがきの料金が変更されます。既に購入されて5月末に
決算を迎えるところは、ちょっと面倒かも。
来年の年賀状は期間限定で52円が適用されるという事でちょっとうれしい。

西本願寺 日暮らし門

世界遺産・西本願寺の国宝「唐門」が34年ぶりに開門され通り抜けられます。
今日5月21日の1日のみだそうで、京都のお天気は絶好でいい感じです。
普段の閉まった状態でも厳かで手の込んだ彫刻の様子が感じられますが
開いた状態ではどれだけすごいのだろう・・と想像が膨らみます。
眺めていると日が暮れるまで見入ってしまうことから「日暮らし門」と
呼ばれて親しまれているということです。
修復工事に入る前に是非見ておきたいものです。

ゴールデンウィーク 営業のお知らせ

明日からゴールデンウィーク突入です。
京都では流鏑馬神事(やぶさめしんじ)(5/3 下鴨神社)、賀茂競馬(かもくらべうま)
(5/5 上賀茂神社)と、お馬さんの行事が続きます。
新緑の美しい季節、境内の緑の中馬が疾走する姿は厳かで力強い感動があります。
是非行かなくっちゃ。

セカンドオフィスはカレンダー通りで営業しています。1〜2日、6日は通常通りです。

アースデー

今日の Googleロゴ は「アースデー」“地球をもっとハッピーにしよう”
部屋を出るときは電気を消そう・地産地消でエコライフ等の基礎編から始まり
アースデーに心がけることがユーチューブ等で学べます
日々気を付けているつもりですが改めて見てみるとまだまだだなぁと感じます
そういう事を気付かせてくれるのがアースデーなのでしょう。

会計データ クラウド化

なぜクラウド化しないのか・・というご意見が増えてまいりまして
今更ですが、クラウド対応しました。
(遅れているのではなくて、慎重だったとご理解くださると嬉しいです)
弥生会計の データ共有 というシステムでの対応です。
弥生独自のクラウドストレージでセキュリティ面も恐らく大丈夫でしょう。
クラウドは苦手・・とお考えのお客様に対しては従来どおりの方法で対応します。
石橋を叩き過ぎて壊さないうちに、一歩前進です。

雇用保険 29年度

雇用保険法等の一部改正法案が3月31日国会で成立しましたね。
4月分から適用で率が引き下げられます。
一般事業の場合 今までの 4/1,000 から 3/1,000 へ変更です。
その他詳細については 厚生労働省のウェヴサイトでご確認ください。
4月のお給料計算は新年度ということもあり毎年大変ですが
早めのご準備で対応してください。